ニュースマンハッタナーズ 公式サイト
■「Manhattaner's」(マンハッタナーズ)製品の模倣品にご注意ください。■


最近「マンハッタナーズ」商品の模倣品や海賊版商品が小売販売店やインターネットのショッピングサイトで多数販売されていることが確認されています。模倣品とは、広く知的財産権を侵害する製品で、海賊版は主として著作権を侵害する製品です。ここではまとめて模倣品といたします。

現在発見されている模倣品のほとんどは久下貴史氏を原著作者とし、ジャパン・アーチスト株式会社を著作権者とする作品「Cat Society/猫社会」(制作1988年。Copyright ©1988 NY ARTISTS GUILD, INC. All Rights Reserved)です。この作品は「Manhattaner’s」がブランド展開を開始した1990年から現在に至るまで幅広い商品分野で様々な商品に用いられ根強い人気を誇るデザインとして広く知られています。

作品あるいは正規商品をコピーし、若干の改変を加えて生地を大掛かりに製造(生地の製造は中国で行われているようです。)、この生地を使用してバッグ類や雑貨が製造され小売販売店やインターネットのショッピングサイトで販売されているのです。現在判明しているところでは、バッグ類を製造・販売する企業2社が関わっています。

一方で一般消費者が正規許諾商品の生地を購入し、トートバッグなどを制作、フリーマーケットやオークションサイトで販売する行為も目立っています。

どの模倣品も正規許諾商品であることを示すブランドタグやネームが無く、ブランドロゴ「Manhattaner's」とブランド全体の著作権表示(© NY ARTISTS GULD, INC. 1990-)が付されておりません。

「Manhattaner's」を常日頃ご愛用いただいているお客様がインターネットのショッピングサイト、特にオークションやフリーマーケットで猫社会デザインのバッグを発見され、本物とは思えないと弊社にご一報くださることもあります。弊社も目を配っておりますが、時には配りきれない数の掲載がありますので、このようなご連絡を有り難く存じております。いずれにいたしましても、発見の場合は、即刻削除をサイト運営者に通告し、可能な限り販売者を特定のうえ、警告し賠償責任を問うべく、顧問弁護士と連携し措置を図っております。

前述の企業2社が関わる模倣品については、これら2社に対し訴訟提起し、東京地方裁判所民事第40部担当として、令和元年10月24日に受け付けられました(令和元年(ワ)28675号)。海外から模倣品が流入するのを防止するため、東京税関に輸入差止申立書をファイルすべく、東京税関と弊社の顧問弁理士事務所が相談を重ねております。中国では模倣海賊版の元になった作品「猫社会」を著作権登録し、海賊版生地製造をしているメーカーに侵害行為に対する警告書を現地法律事務所から送付する運びといたしました。

模倣品の製造・販売は、弊社の知的財産権を侵害し、不正競争防止法上の不正競争と見なされうる行為であり、裁判所により懲役刑、罰金刑またはその両方を科される可能性もある犯罪行為です。模倣品を意図せず購入してしまったお客様も、違法行為に関与してしまう恐れがあります。

以上のようなことから、この度、模倣品にご注意いただくようお願い申し上げる次第です。もし、お客様が模倣品と思われる商品を発見された場合は、ぜひ弊社にご一報くださいますようお願い申し上げます。ご連絡窓口は以下の通りです。

ジャパン・アーチスト株式会社 模倣品・違法商品担当
〒104-0061
東京都中央区銀座8-14-5 銀座KMビル7階
電話:03-3541-2340
FAX:03-3542-2040
E-mail: info@j-artist.co.jp

2019年(令和元年)10月29日
ジャパン・アーチスト株式会社

Copyright (c) 1990-2017 JAPAN ARTISTS SOCIETY, INC. All rights reserved.