フェデリコ (1992-2010)
フェデリコがやってきたのは1992年の春。2010年の10月に逝ってしまうまでの長い年月を、愛猫というよりも相棒として暮らしました。フェデリコがいたから、猫を描くことができたのかもしれません。額から目鼻への作りが個性的で、表情豊かな超一流のモデルでした。猫を描く面白さもフェデリコのおかげで分かったような気がします。猫の家族を増やすことができたのも、こんなフェデリコがいたからだと思います。穏やかで、ボーっとしているようでも、いざという時に睨みのきく家長猫でした。
ミケランジェラ (1996-2010)
2010年4月に逝きました。夜中に絵を描く時、夜明けまで仕事が続いた時、ミケちゃんを想います。初めて見たとき、絶世の美人猫だと思いました。その美猫が、後年太って貫禄姉さんになるわけですが、いつだって麗しいマドンナだと思っていました。今でも絵を描いていると、寄ってきて、ドタリと目の前で寝転がり、「こんな風?」と、目を合わせながらイメージしていた通りのポーズをとってくれそうな気がするのです。
マーベリック・クマ (1996-1998)
クマが1998年の6月に2歳で亡くなってから、もう20年以上になります。不思議な猫で、ちっともイメージが薄れません。薄れないどころか、頭の中に生き生きと姿を現します。よく思い出すのは、右の前足をチュパチュパと吸っている姿です。可愛いと思っていたらノミがいて、痒くてやっていたのです。すぐに気づかず申し訳のないことでした。クマは若者のまま年を取りませんので、絵のなかでも元気いっぱいの姿で登場します。
シゲオ・ダ・ヴィンチ (1998-2017)
2017年2月、シゲオが逝きました。シゲオはクマを亡くした後の心の空洞を埋めてくれましたし、すぐにフェデリコやミケランジェラの仲間になりました。大食漢で、小さな目に赤い鼻。大らかでとぼけたところのあるシゲオは抱くのに苦労するほど大きく育ち、誰からも愛された猫でした。シゲオには感謝の気持ちでいっぱいです。これからも絵の中でシゲオにたくさん生きてもらおうと思っています。
バロン・フェブライヨ (2002- )
ハリちゃんが逝ってしまい、バロンはあまり隠れなくなりました。と言うよりは、たった独りなので、見つけやすくなったのかもしれません。実はこの数年、日本で過ごす時間が長くなりましたので、シゲオ、ハリちゃんとバロンは、日本に連れてきていたのです。留守をしても、ていねいに面倒を見てくれる方がすぐ近くにいますので、安心でした。猫たちもかまってもらい、落ち着いて留守番をしてくれていました。今はバロン独りで、あまり手がかかりませんが、腎臓を少し悪くしているので、経口薬を服用しています。注入する時間になると、昔の隠れ名人に戻ります。バロンにはできるだけ長く一緒にいてもらいたいと願っています。
ハリ・トティ (2002-2019)
可愛いハリちゃんが、2019年10月に天国に行きました。もう、あの可愛い仕草を見られないと思うと、残念でなりません。残されたバロンと一緒に寂しがっています。ハリちゃんをもっと描いておけばよかったと思います。もちろん、いつだって描くことはできるのですが、あの生き生きとしたアーモンド形の瞳を見つめながら顔の表情をとらえたり、甘えてくるのをかまいながらポーズを決めたり・・・そんな風に描くことは、もうできません。
 
このホームページ上にある全ての画像及び文章の無断掲載、流用を禁じます。
Copyright (c)1990- NY ARTISTS GUILD. All rights reserved.