フェデリコ (1992-2010)
フェデリコがやってきたのは1992年の春。2010年の10月に逝ってしまうまでの長い年月を、愛猫というよりも相棒として暮らしました。フェデリコがいたから、猫を描くことができたのかもしれません。額から目鼻への作りが個性的で、表情豊かな超一流のモデルでした。逝って8年も経つとは思えません。毎日どこかでフェデリコの存在を感じます。猫を描こうと思うと、先ずフェデリコのイメージが浮かびますので、フェデリコを描こうと思っていなくても、描き上がってみればフェデリコになってしまい、あ、またフェデリコですかと自分に言う始末。そして、ちょっと鼻がツンとして気持ちが和らぎ、何かに感謝したいような、そんな感じが強くなります。フェデリコを想い感謝しながら、日々精進して絵を描き続けたいものだと思っています。どういうわけか、絵の中ではフェデリコが若返っていくようです。
ミケランジェラ (1996-2010)
夜中に絵を描く時、夜明けまで仕事が続いた時、ミケちゃんを想います。愛くるしい子猫の時の様子から太って貫禄姉さんになってドタリと目の前で寝転がる様が、まるで再生録画のように目の前に浮かびます。そして、「こんな風?」と、目を合わせながらイメージしていた通りのポーズをとってくれそうな気がするのです。ミケちゃんとフェデリコは一緒にお墓に入りましたので、寂しくないだろうと思います。記憶の中のミケちゃんのイメージは、あどけなく可憐で、そうそうお目にかかれない、たいした美猫です。ミケちゃんの魂は、すぐそばに居てくれるのですが、絵を描きながらやったように撫でることも話しかけることもできないのは、とても寂しいことです。
マーベリック・クマ (1996-1998)
クマが2歳で亡くなってから、20年もの長い年月が経ったとは信じられず、イメージはちっとも薄れず、いつだって生き生きと表情や姿を思い浮かべることができる、本当に不思議な猫です。右の前足の先をチュパチュパと吸っているのを可愛いと呑気に喜んでいたら、のみがいたせいで痒くてやっていたと後で知り、申し訳なく思ったことなどは、しょっちゅう思い出します。マンハッタンでよく見かける「トム・キャット・ベーカリー」のトラックにはここのマスコットであるタキシード猫の絵が描いてあります。この猫は、見た途端にクマだと思ったので、このロングアイランド・シティ(クイーンズ)のベーカリーには親近感を覚えています。クマは若猫のままで年を取りませんので、絵の中でも元気いっぱいの姿で登場します。
シゲオ・ダ・ヴィンチ (1998-2017 )
シゲオが逝きました。2月のことでした。大きなシゲオがどんどん小さく、はかなくなって、命の炎がだんだん弱くなっていくのを見守りました。最後の1週間ほどは、抱きかかえながら、この温もりのあるうちは大丈夫と自分に言い聞かせて過ごしました。バロンとハリちゃんも遠巻きに“心配そうに”見守っていました。2月18日に魂が身体から抜け出て、シゲオは死にました。悲しかったです。もう一日でも長く生きていてくれたらと思わずにはいられませんでした。シゲオはクマちゃんが亡くなった後の心の空洞を埋めてくれるようにフェデリコやミケランジェラの仲間になり、大きく大きく育ち、誰からも愛された猫でした。シゲオには感謝の気持ちでいっぱいです。19年もの間、猫らしく思う存分に生きてくれたと、毎日手を合わせています。これからも絵の中でシゲオにたくさん生きてもらおうと思っています。
バロン・フェブライヨ (2002- )
バロンの隠れ癖は相変わらずです。シゲオが亡くなってからは、ハリちゃんの天下になり、バロンは一歩ひいていますが、隠れつつも、前よりは姿をよく見せるようになりました。ちょっと刺激するとシャーっと吹くのが可愛いです。どうやらバロンは猫らしく夜型で、夜中に世の中がすっかり静まった頃に活発になるようで、夜なべ仕事のいい相棒です。モデル役はミケちゃん並みによく務めてくれます。眼をパッチリ見開いてとはいきませんが、眠たげでもの憂い表情なら得意です。バロンとハリちゃんは、もう16歳になるので、老境かとは思いますが、最近のヒューマンと同じ、活発で若々しいシルバー世代猫です。
ハリ・トティ (2002- )
アーモンド形の大きな眼をした可愛い可愛い甘えん坊ぶりは小さな頃のままです。複雑な毛並みが邪魔をしていますが、大変な器量よしだと、贔屓目でもなんでもなく思っています。いかにも女の子猫なんです。かまって欲しいときや水道の蛇口のところで水を出して欲しいときに見せる可愛らしさは、天下一品です。シゲオが逝って、ハリちゃんが天下を取ったようではありますが、バロンとは同胞なので、どうやらお互い空気のような感じらしいです。それでも時にはハリちゃんの方が強いんだと思わせる事態が発生します。ヒトへは相変わらず甘えて頭突きを繰り返し、これは可愛いものですから、頭突きをされる人も、見ている人も、誰もがもっとやって欲しいと期待してしまう仕草です。
 
このホームページ上にある全ての画像及び文章の無断掲載、流用を禁じます。
Copyright (c)1990- NY ARTISTS GUILD. All rights reserved.
「NY ARTISTS GUILD」という表示はジャパン・アーチスト株式会社の著作の名義表示です。