久下貴史
1948年京都生まれ。1986年にニューヨークへ移住、以来かの地で画業に励む。人物の顔を得意な画題としていたが、ニューヨークで始めた猫たちとの暮らしにより新境地を拓き、人と猫、ニューヨークとニッポンがからみあった自由で個性豊かな世界を展開、作品の品格とのびやかさが多くの人々を魅了している。
年 表
1948年 京都生まれ
   
1982年 「週刊朝日」『山藤章二の似顔絵塾』第一回大賞受賞、以後長年にわたり特待生として企画に応じた寄稿を続けている
1983年 「朝日ジャーナル」連載小説『大世紀末サーカス』(安岡章太郎作)挿絵
1985年 「小説新潮」連載小説『ダウンタウン・ヒーローズ』(早坂暁作)挿絵
「週刊朝日」連載小説『神曲崩壊』(山田風太郎作)挿絵、題字
1986年 ニューヨークに移住し画業に励む。
1996年 ニューヨーク暮らし10年の節目にソーホー地区入り口ハウストン・ストリートのビル壁に巨大な1対の壁画を発表。以後、2000 年まで、壁画シリーズとして4年間 4作品を仕上げた。
2001年 銀座伊東屋ギャラリーにて初めての個展「ニューヨーク15年、猫との暮らし」開催。ニューヨーク暮らしで描きためた作品と新作を合わせて100点余りを一挙に発表し、豊かな発想と多彩を極める表現世界が高く評価された。
2002年 春、銀座伊東屋ギャラリーにて第2回個展「ニューヨーク、この1年〜猫と平和を語る日々〜」開催。猫たちに平和への思いを託した大作『凝縮猫マンハッタン図』は大きな感動を呼んだ。
2003年 夏、銀座伊東屋ギャラリーにて第3回個展「猫曼荼羅華〜命等しく、猫いっぱいの世界〜」開催。新しい表現手法を用いた曼荼羅作品は、構図、色彩と画面を埋め尽くす猫たちの表情が、来場者を魅了した。
2004年 夏、第4回個展「このごろのニューヨーク〜やっぱり猫に励まされて〜」開催。個展の中心になったのは、「猫のフルオーケストラ」。夢の中で楽器を奏で創作活動をサポートしてくれる猫たちを縦2メートル、横3メートルを超える大きな作品に仕上げ、毎回新しい趣向を楽しみに訪れる来場者たちを大変喜ばせた。
2005年 夏、第5回個展「ニューヨークに在ってニッポンを思う」開催。長年の課題としていたニッポンが中心テーマとなった。
2006年 夏、第6回個展「久下貴史と物語の猫たち」開催。古今東西の物語の中の猫たちを主要テーマとしファンタジックな世界を展開した。またライブ・ペインティングを披露した。
2007年 夏、第7回個展「猫歌い、猫詠う」開催。最近大いに気に入っているオペラをテーマに猫の作品世界を展開した。また百人一首を猫で表現した百猫一首のうち52点を発表した。
2008年 夏、第8回個展「猫、歌いっぱなし」開催。前年に描き足りなかったオペラをテーマとする作品世界と百猫一首の残り48点を発表した。
2009年 夏、第9回個展「猫絵暦 〜源氏とNY、それぞれの物語〜」開催。源氏五十四帖への情趣豊かな新手法による取り組みとNYの季節の移ろいを色濃く描き出し、和と洋の対比を瑞々しく示した。
2010年 夏、第10回個展「私と猫とニューヨーク 〜変わらない日々〜」開催。節目の10回目に向って、住み慣れたマンハッタンを歩き回り、新たな視点で制作した作品世界を披露した。
2011年 例年通り8月に開催された第11回個展のテーマは、「フェデリコの思い出」。ニューヨーク猫暮らしの開祖たるフェデリコを失うも、描き続けよとフェデリコが命じていると信じて、ひたすらに描いた絵を発表した。
2012年 夏、第12回個展「猫たちとニューヨーク散歩」開催。穏やかに過ごす猫たちとの暮らしと画業に邁進し精進する意欲を豊かに示す作品が並んだ。
2013年 夏、第13回個展「地球、猫さまざま」開催。ニューヨークに限らず、地球上のどこにでもいる猫たちの多様性を多彩な手法で描きあげた数々の作品を発表した。
2014年 8月に、第14回個展「猫を探して…」開催。旅する猫たち第一弾イタリー編として、イタリー取材旅行の成果である新作を発表した。
2015年 第15回個展は建替新装なった銀座・伊東屋で「猫を訪ねてスペインめぐり」と題して開催。スペイン取材旅行で刺激を得て制作された作品群を含む新作の数々が発表された。
このホームページ上にある全ての画像及び文章の無断掲載、流用を禁じます。
Copyright (c)1990- NY ARTISTS GUILD. All rights reserved.